Archives mensuelles : novembre 2023

La surprise : Abdel et Laurent Glauzy de retour

SI VOUS AIMEZ LE TRAVAIL DE PRO FIDE CATHOLICA, SOUTENEZ-NOUS ! https://profidecatholica.com/faire-un-don/ En Allemagne, des entreprises produisent une B17 “Bio” et de qualité. INFO : laurentglauzy1@gmail.com La vitamine B17 a été utilisée pour la première fois dans le traitement du cancer en Russie en 1845 et aux États-Unis dans les années 1920, sous forme de comprimés. POUR COMMANDER : laurentglauzy1@gmail.com

Lire la suite

Ces bombes qui n’ont pas détruit la Ste Vierge.

Afin de contourner gratuitement la censure de la république dite française : https://www.opera.com/fr/download (activer le VPN gratuit) ou https://brave.com/fr/?ref=cnk432 (activer fenêtre navigation privée avec tor) Autres liens :  En Allemagne, des entreprises produisent une B17 “Bio” et de qualité. INFO : laurentglauzy1@gmail.com La vitamine B17 a été utilisée pour la première fois dans le traitement du cancer en Russie en 1845 et

Lire la suite

Armes à énergie dirigée en Antarctique.

Eric Hecker a travaillé pour le fabricant d’armes américain Raytheon. Cette semaine, il était l’invité du podcast populaire de Patrick Bet-David pour mettre en garde le monde contre les secrets du complexe militaro-industriel. Un jour, Raytheon a envoyé Hecker en Antarctique, où il a parlé avec les scientifiques sur place. Il a rapidement compris que des recherches sur les armes

Lire la suite

南極では、イルミナティがドームの氷を研究している。この氷は改質中で、0度より何百度も低い。

Pro fide CatholicaにChaux de Toureyreが投稿した文章 laurentglauzy1@gmail.com 数週間前、チャンネル・テレグラムが、1997年から2000年までの3年間、南極のロス海にあるマック・マード基地で働いていた元兵士の証言ビデオを報道した。ビデオの参照先はhttps://t.me/Terre_Plane/572。このビデオに引用されている証言者は、科学調査チームの一員に選ばれた経緯を語っている。彼によると、マック・マードの研究者たちの主な目的は、コアリングで得られた氷ではなく、まったく性質の異なる別の氷を研究することだった。イルミナティがロケットで突き刺そうとし、イーロン・マスクが入門者向けに語るドームの氷である!イルミナティはロケットでドームの氷を突き破ろうとしているのだ。それで十分なのだ。そしてこの秘密は、150年以上も秘密にしてきたスーパーログによって知られている(ローラン・グラウジのスーパーログの翻訳を読もう)。 ビデオの著者はまた、チームはこの壁を突破しようと試み、最大16kmの貫通に成功したが、そのためにまずグリーンランドの氷の中で高度に洗練された掘削装置を使った実験を行ったと語っている。彼は、南極でトンネルを掘削していたとき、このオキシジェニックな氷はすぐに再沈殿し、有資格者を負傷させる危険性があったと語る。空から降ってきたこれらの氷の破片は、私たちの平らな地球全体を覆っているドームまたは大空の構造を形成するだろう。氷の壁としても知られる南極の壁の向こうに未知の大陸が存在するという説は、すべて恥をかくことになるだろう。NASA(ヘブライ語で「欺く」という意味)を筆頭とする宇宙機関の連合体によって虚偽に維持されている惑星間、恒星間、銀河間の幻想を打ち砕く危険性のある民間研究を絶対に阻止するために、世界の大国が南緯60度で約10万5千キロに及ぶ巨大な南極の周囲を軍事的に監視しているのはこのためである。 フリーメーソンの完全な支配下にある世界の国家によって開始され、天文学的で非常に高価な技術資源を必要とする宇宙探査の探求は、魂の救済と楽園の達成というキリスト教の教義に取って代わるものであるという印象を本当に受ける。この探求は、表向きはバベルの巨人王ニムロドが天国へ到達するために、有名な同名の塔を建てさせたプロジェクトの延長のように見える。1970年から1986年にかけて、旧ソビエトがロシアのラップランド、ザポリアルニー近郊のコラ・サモエド半島に有名な穴を掘ろうとした試みにも、同様のアプローチが見られる。ロシア、フィンランド、ノルウェーのチームは、深さ12kmで割れない地殻に遭遇し、いくつかの非常に奇妙な現象の後、恐怖のあまり掘削を中止した。今日、現場は完全に放棄され廃墟と化しているが、建設現場もまた、そこで働いていた人々が強制的に立ち退かされたかのように、そのまま残っている。 以下は、ショー・ド・トゥーレールが翻訳したこのビデオの説明である:今まで一度も信じたことのなかった元アメリカ軍人の証言。私はイエス様を信じたことも、教会のために何かをしたこともありませんが、何かを見たような気がします。私は1997年から2000年まで軍に所属し、南極のマクマード基地に派遣された。私はチームリーダーとしてヘリコプターの整備士をしていたのですが、南極に行ってヘリコプターの整備をしたい人のためにシフトが組まれていました。志願者を募ったところ、何人かが返事をくれたが、選ばれたのは私ともう1人の仲間だけだった。応募の手続きにはいくつかのアンケートがあり、それに答えなければならなかった。そのほとんどは、私たちの興味や信条についての質問だった。私たちの信条について聞かれるとは奇妙だ! 1998年8月、私はマック・マード基地研究センターのチームに配属された。除氷作業や航空機の操作で忙しくないときは、研究ステーションの科学者たちを間近で観察する時間があった。マック・マード基地所属の軍部隊は小規模で、独立した施設はなかった。PXもメディアセンターもなかった。礼拝堂もチャプレンもなかった。自分たちのメールボックスもなく、科学者や研究者たちと同じ施設を共有しなければならなかった。そのうちに、彼らの何人かと友達になった。 彼らの報告によると、研究している氷は2種類あった。ここからが興味深い。ひとつは、私たちが通常遭遇する氷で、通常の氷と同じように地中のボーリング穴からサンプルを採取した。この氷は透明で、時には白っぽく、氷と接触して温まれば液体の水の中で溶けてしまうものだった。 南極大陸全体がこのタイプの氷で覆われている。しかし、彼らが探していたのはこのタイプの氷ではなかった。彼らが普通の氷を研究しているのを見たのは、ナショナル・ジオグラフィックのチームが私たちを訪ねてきたときだけだった。それ以外の時間、つまりほとんどすべての時間、科学者たちは「スカイアイス」と呼ばれるものの研究に忙しかった。このサンプルはまったく異なっていた。ステーションの実験室は超清潔でなければならず、あまり多くの人が実験室の中に入ってしまうと彼らの仕事が台無しになってしまうというので、私たちが実験室に入ることは許されなかった。でもある時、仲の良かった研究者のひとりが、素手では触ることのできない「スカイアイス」を見せてくれたんだ。それは青みがかった色だった。この氷とまったく同じ色だったから、彼らはそれをスカイアイスと呼んだんだ。 それを扱うには、分厚く重いアウトドア用の手袋をはめなければならなかった。サンプルはとても冷たく、皮膚に触れれば即座に凍ってしまうほどだった。彼が報告した温度は覚えていないが、氷点下数百度といったところだった。彼はこのサンプルを魔法瓶のような金属製のボトルに入れて運んでいた。彼は魔法瓶から取り出した氷片をしばらく私に触らせてくれた。同じ大きさの氷よりも軽く感じた。しかもそれほど重くないので、空中に投げてもすぐに浮いてくるような感じだった。しかし、私はそれを試さなかった。しかし、曲げてみると少し柔軟性があった。普通の氷のように割れることはなく、透けて見える小さな破片でさえ、表面からはしっかりとした青色だった。そして、ここからが本当に興味深いところなのだが、この作品は水の中では溶けなかったのだ。室内の暖かい場所に置いたところ、どんどん縮んで小さくなっていったが、私の手袋は濡れなかったし、床にも水はついていなかった。 そのため、南極大陸に直行しなければならなかったのだという。研究するために空から氷をアメリカに持ち帰ることはできなかったはずだ。そして、エゼキエル書1_26章の一節を紹介した:「大空の上、彼らの頭の上には、まるでサファイアの石のような玉座があり、その玉座の上には、まるで人が置かれていた。空の氷は常に蒸発して空っぽになり、アメリカに戻ったときには何も残っていなかったでしょう」。ロシアの科学者たちも、空から氷をロシアに持ち帰ろうとして同じ問題を発見したという。だから彼らは皆、南極大陸に研究基地を作ったのだ。 空から降ってきた氷のかけらを15分ほど扱った後、氷のかけらはほとんど消えてしまった。残ったのは、かすかな破片だけだった。私の手袋はずっと乾いていた。こんなものは後にも先にも見たことがない。私はいつも科学的なものに興味を持っていたから、それは珍しいことだった。南極に行くことが決まったのも、私が信じている科学やそれに関連するテーマについてのインタビューが多かったからだと思う。だから、今まで聞いたことのないものを見るのは本当に素晴らしいと思った。マック・マードで過ごした期間中、人々が「壁」を特別な場所であるかのように話しているのを耳にすることがあった。南極一帯は氷に覆われている。でも、それが普通の透明か白い氷であることが普通なだけだ。そこで私は友人に、その特別な氷はどこから来るのかと尋ねると、彼は「壁から来るんだ」と答えた。 彼がどう説明したかはよく覚えていないが、南極には巨大な氷の壁があるらしい。海岸から何百キロも内陸にあるそうだ。「マック・マード基地を出発してすぐに戻るだけだったので、私自身がそれを見ることはできなかった。「探検に出かける許可は下りなかった」。この友人は、世界最大の自然構造物だと言っていた。想像してみてほしい。1960年代、アメリカ陸軍は壁にトンネルを掘る計画を持っていたが、極寒に耐えられるドリルがなかった。そこで彼らは一緒にグリーンランドでテストプロジェクトを行い、氷のトンネルを開発し、超低温で作動する新しいドリルを共有し、発明するつもりだった。 NASAが設立され、南極条約のようなちょっと奇妙なものが結ばれようとしていた頃で、私たちが関心を抱いているテーマとかなり近い。そして彼は、まるでグリーンランドでこの巨大プロジェクトを練習のために行ったかのように、それは空に浮かぶ氷の内部を掘削する実験のためだったと言う。私はその分野の専門家ではないが、彼が私に話したのはそれだけか?そして彼は、新しい掘削機がどのように機能するかを理解した後、それを氷の壁、あるいは南極の壁として知られる場所に持ち込んだのだと言った。彼は、機械が強く食い込んでトンネルができたと言った。壁の内側8キロか16キロか正確には覚えていないが、この超氷河の壁の反対側に到達することはできなかった。 そのため、壁の厚さがどの程度なのか、今日に至ってもわからないそうで、したがって私はこのエピソードを正確に覚えていない。ただ、友人の話によると、最初はトンネルの床は非常に硬い連続した岩でできていたが、地中1600メートルか3200メートルを過ぎたあたりから、ある地点か何かを境に(そうか!彼らも深く掘削したはずだ ???_NDT)、下にはまるで空から氷が降ってきたかのように氷が張ったという。そして、掘削された壁はゆっくりと再生するらしい。年後、トンネルは自己治癒力の傷のように収縮し、閉じ始めていた。その後、トンネルが狭くなって外に出られなくなったため、壁の中にドリルを残さなければならなくなった。そして数十年後、壁の一部が再び堅固になったかのように、トンネルは完全に消滅した。そして、科学者たちは技術を使って壁の厚さを特定しようとしていると言った。 彼は、地震センサーを壁一面に設置し、地震の信号を測定してドームの厚さを知ることができるとか言っていた。でも、彼は私を混乱させた。マクマードを出てから、そのことについて考えたことはなかった。本当に不思議だった。でも数週間前、南極の壁の地図(グリーソン・マップ)を見たんだ。その地図には、南極の壁が地球上のいたるところにあることが示されていた。だからそれ以来、私が見たスカイアイスと聞いた壁についてもっと調べようとしている。でも、その件に関する情報はまったく見つからない。そして、大空の形、太陽と月の周りの環、擬似的な太陽と柱などに章を割いて、このロシアの論文「海に関する気候予測」を発表したグループを見つけたのだ。 だから、私の経験の一部が、もしかしたら誰かの何かの理解の助けになるかもしれないと思っている。だから、もしこの人が真実を語ってくれるならありがたいことだが、私たちの周囲について知っていることを考えると、とても興味深い情報だと言いたい。大空に関する知識は、単に氷の組成について教えてくれるだけではないのだ。それは、もっと遠い目的を調査しに行く気をそらすための、地球の基礎に関連した現象にすぎないかもしれない特別なもので、非常に複雑な知識を含んでいる。その目的には、人類が何をしようとしているかを予知することも含まれている。彼らが大空に向けて発射した小さな核爆弾は、同じ大空が持つものに比べれば何でもない。彼らはそれを壊そうとしたが、壊せなかった。これは、私がすでに想定していたことの多くを裏付けるような話のひとつだ。私がいつも言っているのは、もし世の中に男性がいるとしたら、彼らはおそらくこの氷の壁を破る方法を試しているはずだということだ。発掘の奥に進むにつれて、この壁は閉じていくからだ。 しかし、それは1960年代の話だ。今、彼らが何を秘密にしようとしているのかについては何も語っていない。私たちが南極に行くのを阻止することを使命とする(政治家_NDT)最大の仕事を扱っているのは確かだ。もし行くとしても、特定の場所にしか行けない。片道切符に何万ドルもかかる。そうでなければ、私たちの多くがすでに南極に行き、潜入調査を試みているはずだ。このビデオは300回しか再生されなかった。その後、素晴らしい状況が人々に伝えたくさせた。現代の検閲委員会は、このような情報を発見できないようにする方法を探している。私はこのビデオを大空に捧げられたプレイリストに録画したことを覚えている。 だから、あなたがそのことをご存知かどうかわからなかったので、お伝えしたかったのです。私のように、大空で何が起こっているのかという疑問に対する答えは、大空の基礎の性質にある。大空は何キロも広がっているかもしれない。いつか私たちは大空そのものを発見するだろう。羊皮紙のように転がっていくだろう。天地創造の2日目に、主はこの大空をしるしと季節のために置かれ、主が間もなく戻って来られることを私たちに知らせられた。このことを私たちは忘れてはならない。このようなことがすぐそこまで来ていると感じるのは、彼らが世界でどのように展開し、分裂を助長することによって私たちに備えさせようとしているからだ。しかし、彼らは戦争の準備もしている。そのことについては別のビデオで話すつもりだ。来るべき幻滅に陥らないために、何を計画すべきかについて。それではまた。これは行き当たりばったりのビデオで、このトピックをあちこちに広め、先延ばしをやめようとしているだけなのは分かっている。今のうちに僕が持っている情報をシェアしよう。またすぐに会おう。安全第一で、準備を怠らないように。 Laurent glauzyの本: 300ページ&カラー70ページ ギリシャ神話やアンデス・インディアンの伝説には、現代の技術よりはるかに進んだ知識を持つ巨人の偉業が語られている。イースター島の住民の口承伝承では、モアイ像を造ったのは並外れた体格の持ち主であったと記されている。本書で著者のローラン・グロージーは、身長4メートルにも及ぶ、特別に背の高い種族が存在したという紛れもない証拠を提示している。聖書の中で17回も言及され、5世紀には聖アウグスティヌスによって、17世紀にはイエズス会の神父アタナシウス・キルヒャーによって、また教会の考古学者や言語学者たちによって記述されたこれらの人類の祖先は、紀元前1226年に海に飲み込まれた謎の王国アトランティスに起源を持つ。エジプト学者で古代コプト語の専門家であるフェルナン・クロンベット、著名な地理学者であるエティエンヌ・フェリックス・ベルリュー、そして最後にユルゲン・スパヌート牧師によって、数え切れないほどの文献がこのテーマに捧げられているが、このテーマは科学的思考の中では非常にマイナーな位置を占めている。著者は、オカルト的なメーソンのエリートたちには知られているにもかかわらず、なぜ一般の人々には隠されたままなのか、なぜニューエイジの概念やダーウィニズムのような欺瞞に満ちた理論に結論を見いだしてしまうのかを、特に広範な参考文献を駆使して明らかにしている。本書は、あまり知られていない考古学的発見の豊富で貴重な記述に満ちており、「先史時代」の嘘や「穴居人」の神話を攻撃する一方で、聖典の無謬性を確認する。読者は、マヤ時代のトンネル、ボスニア・ヘルツェゴビナの謎めいたピラミッド、中国の秦泉の平原など、秘密の宇宙を発見して驚愕するだろう。本書はまた、宣教師カルロス・クレスピ神父が収集した、現代の飛行機のミニチュア模型やその他の禁断の考古学の謎を描いた2000年以上前の大量の金板の驚くべき宝物も公開する。

Lire la suite

In Antarctica, the Illuminati are studying the ice of the dome. This ice is reforming and is hundreds of degrees below 0.

AUTHOR : Chaux de Toureyre INFO : laurentglauzy1@gmail.com A few weeks ago, the canal-telegram reported a video testimony from a former serviceman who worked at the Mac-Murdo base in Antarctica, on the Ross Sea, for 3 years from 1997 to 2000. The video references are https://t.me/Terre_Plane/572. The presenter quoted in this video recounts how he was selected to be part

Lire la suite